女の人

葉酸が二人の命を紡ぐ|妊娠判明と同時に飲もう

妊婦に欠かせない栄養素

栄養補助食品

赤ちゃんの成長に不可欠

妊娠中の女性は、自らはもちろんお腹の中の赤ちゃんの健康をも守るため、体調管理には十分気を付ける必要があります。特に食生活については、新しい命が順調に育つような心配りが重要です。食事から摂れる栄養素のうち、とりわけ妊娠期間中に不足しないよう注意しなければならないと言われている成分の1つに、葉酸があります。葉酸には赤血球の合成を助けて造血作用を促す働きがあるほか、核酸を合成する際の補酵素としても働きます。核酸は新しい細胞を作り出す際に欠かせない物質であり、十分な量がないと赤ちゃんの身体が健全に形成されません。妊婦が葉酸欠乏症に陥ると、胎児に神経管閉鎖障害という重大な健康リスクが発生する可能性が高まると言われています。

通常時の2倍の量が必要

葉酸は水溶性ビタミンの一種で、ほうれん草・ブロッコリー・モロヘイヤなどの野菜に含まれています。野菜以外ではレバーや海苔などが葉酸を多く含む食品として知られています。一般的な成人女性における1日当たりの葉酸摂取量は、200μgが標準となっています。これはごく普通の食生活を送っていればクリアできる数字です。しかし妊娠中の女性にあっては2倍の400μgが必要です。中でも新しい細胞の形成が盛んな妊娠初期は特に摂取不足にならないよう注意する必要があります。そのため、献立に気を使うほか、サプリメントなどを活用して積極的に補給を行うことが重要です。サプリメントであれば、計画的に利用することで必要量を満たすことができます。

自分に合った病院探し

女医

不妊治療は長引くこともあるので、通い続けやすいクリニックを選ぶことが重要です。大阪で仕事をしながら不妊治療に取り組む場合は、自宅や職場から近いクリニックにする方がいいでしょう。不妊専門のクリニックは、治療方法が豊富で、プライバシーへの配慮も徹底しているので、人気が高まっています。

もっと読む

妊娠中の健康食品は

レディとサプリ

葉酸サプリには、モノグルタミン酸と呼ばれるタイプの葉酸が含まれるのが特徴です。胎児の正常な発育や妊娠中の健康維持に役立つとして、葉酸サプリは病院でも勧められます。皮膚症状や消化器症状などの副作用が懸念されるため、葉酸の過剰摂取は危険です。葉酸サプリは、用法用量を守って服用することが重要になります。

どういう時期か

妊婦

臨月は妊娠の最後の期間で、お腹は大きいですが案外体は動かせることが多いので、出産の準備はもちろん、出産後の生活のためにも色々と準備をしておくと良いでしょう。情報を集めることで不安を小さくしてお産に臨む事が出来ます。